読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノクロ+開放の撮影は写真がうまくなったような気になってしまう。

こんにちは、中の人です。

なんか風が強くて体感温度がすごく低い気がします。

風邪っぽいのがいつまでも続いていて、鼻水が止まりません(笑)

 

モノクロ撮影

ふとYouTuber瀬戸弘司さんのこの動画を思い出しました。


モノクロ画像編集ソフトの定番「Silver Efex Pro」を使ってみたら、ものすごく楽しかったので興奮気味に解説します!

 

そう、モノクロです。

なんか家のものを撮影するのに面白いことできないかなー、と思ってたのですが、

「そういえばモノクロ撮影ってしてないな」と思ったのです。

 

基本的に、解像度とか色味とかそういうに注目してて、花とか風景とか主役がきれいなものを追いかけるところがありましたが、モノクロで撮影したらどう雰囲気変わるかなと思い、撮影してみることにしました。

 

その辺にあるものをささっと撮影

今回は瀬戸さんのようにソフトを使ってモノクロにするのではなく、カメラの設定でモノクロ撮影しました。

キヤノンの場合、ピクチャースタイルで設定できますね。

 

持ち運びで使っているMacBook Air

モノクロにすると質感がしっかり表現されているような気がします。

 

耳かき。だからなんだ、という写真もモノクロだと意味深な感じがしますね。

意味は無いのですが(笑)

 

 

 

雰囲気がでるかな、と思い、すべてSIGMA 30mm f/1.4 DC HSMの開放で撮影してます。

なんだか写真がうまくなった気がしてしまいます。

 

Silver Efex Proも挑戦してみようと思います

なんか、なんでもないものを撮影しているのに、すごく楽しかったです。

普段見ているものなのに普段と違う表情が見えるからですかね?

 

瀬戸さんの使ってたSliver Efex Proにも挑戦してみようと思います。

これまで撮った写真をモノクロで現像したら違った表情が見えてきそうでワクワクしてしまっています。

 

まずは使い方を学ばねば♪

ぷらぷら撮影日記(http://gentaphotostudio.hatenablog.com/)は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。
© 2016 ぷらぷら撮影日記
掲載しているすべての写真、画像および文章の無断転載を固く禁じます。